採用情報

現在当院では正看護師・准看護師、各1名を募集しております。

看護師長あいさつ

仙台中江病院の看護師採用ページをご覧いただきありがとうございます。私たちは患者様一人ひとりとしっかりと向き合う医療を実践するために、日々研鑽を続けております。現在当院では、ともによりよい看護体制づくりを行ってくれる看護師の募集を行っております。

仙台中江病院の看護部理念

看護部理念 「私たちは、個人を尊重し思いやりのある看護を提供いたします。」

看護部基本方針

  1. 患者さまの尊厳と権利を尊重し、健康ニーズに応じた生活の質の向上に努め、自立を支援する看護を提供します
  2. 安全を確保し、安心・安楽な看護を提供します
  3. 他の専門職と協同し、専門性の高い看護の提供に努めます
  4. 専門職業人として自律し、自己研鑽に努め責任を果たします

看護師の業務内容

地域包括ケア病棟

地域包括ケア病床は、平成26年に始まった制度で、急性期治療後の在宅復帰に向けて治療・看護・リハビリ等を行う病棟です。療養病棟に比べると入退院など患者様の入れ替わりが多く、医師・看護師・セラピスト・医療ソーシャルワーカーなどの各職種の連携が必要となります。そのため日頃のスタッフ同士のコミュニケーションや連携を密にして、医療安全につなげています。

療養病棟

医療療養病棟では近年、中心静脈栄養・経腸栄養・CPAPなどの管理を必要とする患者様が多くなり、重症度もまして看護必要度が高くなっています。そのような現状の中でも、状態のよくない患者様が見せるわずかな反応に期待し、ADL向上のために必要なケアは何かなど、スタッフミーティングを活用しながら日々の看護に取り組んでいます。

外来

外来は、さまざまな疾患の患者様に対応できるように日々努力しております。
診察・処置・検査の介助のほか、入院や在宅に関するご相談・ご質問にも医事課の担当者と連繋し対応いたします。

入職後の教育について

仙台中江病院では、以下の教育理念に基づいた看護教育を実施しております。

教育理念:看護職者として豊かな人間性を高め、個々の資質の向上と組織の向上を目指す。さらに、専門職業人として生涯学習の必要性を踏まえ、組織として人材育成を支援する。

教育計画

  1. 集合研修・・・看護専門職、医療従事者としての必要な知識・技術・態度を習得する
  2. 新採用者・・・早期に職場に適応し、看護実践を習得する。チームの一員として自身の役割を果たすことができる
  3. 看護助手・・・看護助手としての知識・技術・態度の向上を図る

先輩看護師の声

病棟看護師M・T(2015年4月入職)

仙台中江病院には、神経内科の病棟があります。患者層としては、脳卒中などで急性期を脱し、麻痺や嚥下障害などの後遺症により、
ADL回復のためリハビリ目的で入院される方やパーキンソン病でリハビリと藥量調節が必要な方も少なくありません。
ご家族や本人の意見を尊重し、それにあわせた家族支援、リハビリを行っています。特にリハビリには力を入れており、看護師とリハビリスタッフとで情報を交換し合いながら、意見を述べ合い、一人でも多くの患者さんのADLの回復・退院支援に努めています。
入院当初、経管栄養であった方が嚥下訓練により経口で自力摂取できるようになったり、車椅子移動の方が杖・歩行器を利用し、やがて自力歩行が可能となるなど、患者さん回復を直接見ることができ、日々やりがいを感じています。また、大きい病院ではないため、一人ひとりの意見が反映され、より良い職場環境を目指し日々努力しています。

お問合せ先

求人に関するご応募・お問い合わせは下記までお問い合わせください。
お問合せ先:事務長 菅野
お問合せTEL:022-263-3031
メールアドレス:snh@khaki.plala.or.jp

当院へのアクセス
pagetop